四季彩フォト便り

fukuzomzom.exblog.jp
ブログトップ

タグ:街並み ( 15 ) タグの人気記事


2008年 12月 06日

あをによし奈良フォト録~法隆寺 空を見上げれば ~

b0093820_1635877.jpg

軒丸瓦、軒平瓦、鬼瓦と、空を見上げ、

ふと目にはいってくる瓦にも、普段とは見る目が変わってくるのは、奈良という土地のせいでしょうか。。

旅スタイルの撮影の場合、あれこれリサーチせずに、

その場の出会いでシャッターをきって第一印象を大切にしたいと思っているのですが、

事前に知らずして素通りしてしまったお寺や、建造物などを後から知った時には、

とてももったいないことをしたなあああ、っと、反省することしばし。。。。
b0093820_16343937.jpg


切妻屋根の角にのっているのは、獅子の形の留蓋といって、

瓦のつなぎめの上にのせて、雨漏りをふせぐ役割をしています。

法隆寺には、『兎』、『桃』、『獅子』などの形をした留蓋があることを、知り、

がっくーんー!!!

波乗りうさぎさん、いつか撮影させてくださいねっ♪♪♪
b0093820_1635266.jpg

[PR]

by mfukuzo | 2008-12-06 19:45 | 奈良
2008年 12月 03日

あをによし奈良フォト録~法隆寺金剛力士像~

b0093820_0425548.jpg

法隆寺の金剛力士像。こちらもやはり日本最古の金剛力士像。

寺院を守るお役目があり、左右対になって配置、

この画像は、右側にある、口を開いた阿形像で、かなり怒り爆発してるるう。。。

一方、口を結んだ吽形像は、怒りをおさえて、黙って耐えるべし。。。。

一般的には、表門(南大門)におかれていることが多いのですが、

飛鳥時代のお寺では、中門に安置されるのが通例だったそうです。


迫力に吸い込まれて、お礼をして、カシャカシャ!

かなりアンダー気味に撮ってみたら、肉眼よりも、塑土の赤の色が濃くでてしまいました。。。

腹筋割れっぷりも、お見事♪♪♪
b0093820_043411.jpg

[PR]

by mfukuzo | 2008-12-03 01:13 | 奈良
2008年 12月 01日

あをによし奈良フォト録~斑鳩古寺散策~

法隆寺五重塔<世界遺産第一号、日本最古の五重塔>
b0093820_22113671.jpg



法輪寺<昭和に復元された飛鳥様式の三重塔>
b0093820_22114494.jpg



法起寺<現存する日本最古の三重塔>
b0093820_22115274.jpg


初日から京都奈良経由法隆寺の駅に降り立ち、そぞろ歩きしながら、法隆寺に到着ー。

広いなああ。

夕焼けまでまだまだ時間があるから、たまには観光気分で!

と思っていたら、やっぱりカシャカシャはじめてしまいましたー!!!

法隆寺⇒法輪寺⇒法起寺*夕方のポイントチェック⇒お昼ご飯⇒法隆寺*お茶⇒法起寺

いづれも聖徳太子ゆかりのお寺で、飛鳥、天平の仏教美術の宝庫でもあります。

一番お気に入りの中宮寺の弥勒菩薩半跏思惟像に会いたかったなあああ。

あいかわらずのゆっくり観光なしの撮影旅行のはじまりでしたが、

のどかな斑鳩の土地を歩いているだけで、癒され気分満喫でした ♪♪♪
[PR]

by mfukuzo | 2008-12-01 23:08 | 奈良
2008年 08月 16日

京都撮影便り Vol.10 KYOTO TOWN

Kyoto town
御池から高瀬川沿いを三条に向かって歩いていると、
京都らしい町並やら今時の建物やら、カフェやら、軒のき連なっていました。
むむ、このあたりおもしろそうです。

春から京都の町歩きをしたかったけれど、
コンクリートの灼熱地獄を敬遠して、冬のお楽しみにとっておくことに。
本当に、あついんですよ・・・・!
Kyoto town
[PR]

by mfukuzo | 2008-08-16 20:45 | 京都
2008年 08月 16日

京都撮影便り Vol.9

Kyoto town

高瀬川は、室町時代末期の京都の豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)が作った水運のための運河。三十石船で伏見まで運ばれてきた荷を、高瀬舟という底の平らな船に積み替えて、二条の一之入船の船溜りまで運んだらしい。
その面影を偲ぶように、一艘の船が今も高瀬川上流に置かれていた。

町を歩いている途中、さりげなく店先に置かれている夏野菜。
万願寺ししとうが美味しそう!
Kyoto town
[PR]

by mfukuzo | 2008-08-16 20:37 | 京都
2008年 08月 16日

京都撮影便り Vol.8 京の夏景色 鴨川

Kyoto town
貴船川に水面ぎりぎりの所に床を渡している貴船は、「川床(かわどこ)」と呼び、
鴨川沿いの桟敷席の鴨川は、川床(かわゆか)と呼ばれております。

実際、夏の暑さをしのぎたければ貴船がおすすめで、
猛暑ただよう時の鴨川は、正直なところ、風情を楽しむ前に暑さ負けしていまいそう。

鴨川沿いに並んでいるカップルたちが、とてもいい感じでしたー
Kyoto town
[PR]

by mfukuzo | 2008-08-16 20:00 | 京都
2008年 08月 10日

京都撮影便り Vol.4 奥嵯峨野 平野屋さん

Okusaga Hiranoya(奥嵯峨 平野屋)

縁台の緋毛氈をアクセントに平野屋さんを撮影。
バス通りに出て、高い位置から見下ろす構えでカシャカシャ。
どこかでみたことのあるこのレイアウトですが、雑誌の表紙のように巧く撮れませんですのん。

創業400年になるお茶屋の平野屋さんに入って、
名物の甘い『志んこ』とお茶をいただきながら雑談。
部屋を見渡すと、なんとあれは『式紙』では???
陰陽師を知る人であれば、聞き覚えありの式紙さん。
京都のお店では、この式紙を魔よけがわりにいっぱいつりさげているそうです。

なんだか、うれぴ♪


Okusaga Hiranoya(奥嵯峨 平野屋)
[PR]

by mfukuzo | 2008-08-10 22:30 | 京都
2008年 08月 10日

京都撮影便り Vol.3 奥嵯峨野 愛宕念仏寺と羅漢

Otagi Nenbutsuji Temple(愛宕念仏寺)

中国・日本では仏法を護持することを誓った16人の弟子を十六羅漢と呼び尊崇し、また、第1回の仏典編集(結集(けつじゅう))に集まった500人の弟子を五百羅漢と称されています。

その五百の羅漢をさらに追加して、昭和56年から一般の参拝者が彫った羅漢とあわせて1200体の羅漢を拝見させていただきました。

愛宕念仏寺、『あたご』ではなく、『おたぎねんぶつでら』。
ご住職は布教活動の一環として作曲演奏活動を行っており、毎年行っている「愛宕古道街道灯し」の盆おどりで流れる「嵯峨野径音頭(さがのみちおんど)」を作曲、作詞は、瀬戸内寂聴さんのものだそうです。!!

東寺から一旦ホテルに戻って、シャワーを浴びて、京都駅からバスに乗って9:30到着。
微妙にしのげるほどの暑さに、ほっ。

この日は、鳥居本街道近辺で撮影開始です♪

flickr summer in kyoto のページはこちらから!
[PR]

by mfukuzo | 2008-08-10 15:27 | 京都
2008年 06月 15日

元町フォト散策 ~part1

b0093820_1318858.jpg

b0093820_13182220.jpg

b0093820_13183535.jpg

b0093820_13185071.jpg

b0093820_1319223.jpg


昨日は、マンション主催の撮影会で元町の洋館めぐりに参加させていただきました。
梅雨の合間の貴重な晴れ日和と、いい風が吹いていて、とってもNICE DAY!


こちら山手イタリア山庭園にある『ブラフ18番館』は、館内の装飾品、調度品もおしゃれにディスプレイされており、STYLE世代のマダムにもおすすめ♪
関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅ですが、
震災前の外国人住宅の特徴である、フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーとサンルームなどが残っています。

横浜生まれ私ですが、この場所、見過ごしておりましたー
また、訪れてみたいお散歩&撮影スポットでございます♪



場所:横浜市中区山手町16番地(山手イタリア山庭園内)
開館時間:9:30~17:00(7、8月は18:00まで)
休館日:第4水曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
入館無料
[PR]

by mfukuzo | 2008-06-15 14:00 | 湘南・鎌倉・神奈川
2008年 03月 30日

京の町探索

雨滴から建物外壁を守ってくれる犬矢来
b0093820_13554230.jpg


中国、唐の故事に伝わる魔除の神。瓦製の鐘馗様 
b0093820_13522142.jpg


京都のすっきりとした町並みを印象づける一文字瓦
b0093820_13523192.jpg

b0093820_13524154.jpg



竹矢来、犬矢来、どちらも泥よけ、犬猫のマーキングよけともいわれてますが、
京都のタクシーの運転手さんいわく、
『本当は、自分の敷地に人があがれないようにする』のが本音のところで、
あれやこれや他の理由をつけているんですわあ、っと、
京人のいけず話を聞かせてもらった。
これってほんとー?!

道路の四つ角に石をおく話は聞いたことがありますが、、、
そういえば実家の近所の曲がり角に大きな石が運転を邪魔してくれる。
あれは、いけず石なんですね。。。。!
[PR]

by mfukuzo | 2008-03-30 18:17 | 京都