四季彩フォト便り

fukuzomzom.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 14日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 落ち葉の特等席 ~

b0093820_9213210.jpg


人ごみに慣れ、びくともしないこちらの鹿さんグループ。

温い落ち葉の上で、すわりながら鹿せんべいをもらってモグモグ。

おいおい、座ってご飯待っているだけなのか、、、、、動きもしない。

翌朝も、同じ場所に同じ鹿。

人間も、こういうの、あり、だものね。
b0093820_9215677.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-14 09:32 | 奈良
2008年 12月 13日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 朝陽を浴びながら ~

b0093820_1294880.jpg


mmmmm。


本当は朝もやの中に朝陽射すシーンを待っていたのですが、、、、


一等地をすでにリサーチ済の地元カメラマンのグループが陣取り、

おばさんが鹿せんべいを宙にまき、そこをねらってその他の人がガシャシャー!!!

ばらまき、ガシャシャー!!!


見苦しいナア。。。。。カメラ持っているのが恥ずかしくなる。。


確かに鹿はいっぱい集まってくるけど、被写体の雰囲気ゼロ。


ここはあらためて、訪れることにして !


近くにいた鹿ちゃんと、冬のお食事用に鹿の頭の上の高さにきりそろえられた樹をカシャ。

deer lineといって、園内の木々の葉っぱは同じ高さにそろえられています。

なんでも、地面の草が枯れた後、背伸びしながら食べるのにちょうど良い具合になっているみたい。




遠目に観察していたら、群れのボスは絶対人間に近寄らず、

鹿せんべい食べてた若手の鹿をどついてました。。。。およよ。

鹿グループによっても行動は様々なんですね。


b0093820_1295929.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-13 01:57 | 奈良
2008年 12月 11日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 朝のひととき ~

b0093820_2232756.jpg


朝6時頃、奈良公園の中でも特に鹿が集まっている飛火野を訪れてみました。

どこからともなく、小グループの鹿たちが、おそらくいつものコースをたどって、

草を食んでいます。



おしりの匂いをかいでいる!


わけでは、ないっ。。。。


小鹿は、まだまだお母さんのミルクが美味しいのかなぁ ♪


b0093820_22322359.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-11 22:45 | 奈良
2008年 12月 10日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 手向山 心のままに ~

b0093820_23241822.jpg


- このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに -

東大寺脇から続く手向山八幡宮へと続く石段のモミジがとてもきれいでした。

菅原道真公も、こちらの景色に感動、して、この一首を詠んだのでしょうか。

古典の授業で、意味もわからずに、まにまに。。。。。の韻だけ覚えてました。

まにまに。。

まにまに。

眠。。。。。zzz
b0093820_2324137.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-10 23:44 | 奈良
2008年 12月 09日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 くろの訪問者 ~

b0093820_21144637.jpg


ここでの撮影の注意点は、ずばり、バックを落ち葉の上に置かないこと。

相当の強烈な銀杏の実の匂いをがまんしながらの撮影。。。。

かたわら、どこかのおじさんが葉っぱを踏むナッーっと、

子供をどやしています。


道路は全て銀杏の葉で埋め尽くされてるんだけど、ね。。!

うーん、くちゃい。
b0093820_21142525.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-09 21:33 | 奈良
2008年 12月 08日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 on the yellow carpet ~

b0093820_2231369.jpg

奈良公園の正倉院裏にある銀杏の木々がちょうど見頃になっていました。

落ち葉がまるでカーペットみたい♪

夢中になって、きれいな葉っぱを探しているいる少女の様子に、なつかしさを感じ、カシャ。

黄昏時の空気感が伝わるといいなぁ~。

b0093820_22311246.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-08 22:39 | 奈良
2008年 12月 07日

あをによし奈良フォト録~奈良公園 Artistic ivy ~

b0093820_1458485.jpg

朝食前に平城宮跡でひと仕事終え、ホテルでゆっくり朝食をとった後、

ごろごろとカートをひきずって、二泊目の宿泊先に早、荷物をおいて、奈良公園に足を向けました。

今日ののるまは終えたとばかり、スナップでお気軽撮影スタートです!!

依水園から戒壇院に向かう途中でみつけた蔦ハウス!!!!

すぎょっ!

酔狂なのか、面倒くさいのか、見る人によって様々と思いつつ、

近くの白壁にはえる蔦がとてもきれいだったので、カシャカシャ!

なんだかいい感じ ♪♪♪
b0093820_14591342.jpg

b0093820_145923.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-07 15:14 | 奈良
2008年 12月 07日

あをによし奈良フォト録~平城宮跡 朱雀門 光芒 ~

b0093820_1284855.jpg

平城宮跡につくと、広い野原にぽつん、っと朱雀門(復元)が南の位置に建っています。


北に山があれば玄武、東に川があれば青竜、西に大道があれば白虎、

南に池があれば朱雀が置かれ土地を守護する、

陰陽道「四神相応」の概念により建設が行われた平安京については、

映画『陰陽師』をきっかけに、見聞。

平安京では、
北の丘陵に、船岡山。
東の流水に、鴨川。
西の大道として、山陽山陰道
南の窪地に、巨椋池。

さらに都の正面には朱雀門を挟んで右に西寺、左に東寺を配置、

鬼門の方角・比叡山に延暦寺、平安京の周囲に神社仏閣を配置し

桓武天皇が平安京遷都を行ったと、解説されてます。




**平城京に関しても、天智天王の娘の元明天皇の詔の中に、

「それ平城の地は四禽図(きんと)に叶ひ三山鎮をなす」

という言葉があり、四神相応の意と同様に、


北に玄武の平城山。
東に青龍の佐保川や能登川。
南に沼や池なども多い朱雀。
西に白虎の暗峠(くらみとうげ)、清滝峠を越えて河内へ続く道あり。

東の春日山、北の奈良山、西の生駒山の三つの山が、悪を鎮めてくれる。



**お家を買ったり、部屋のレイアウト考える時に、わたしが風水とりいれるのと一緒ですね。

いやや、おまけに当時は、争い相手の怨霊から身を守るためにも、
レベル違いで、あれこれ考慮したのでしょうが。。。


この日は、大池から朝の薬師寺を撮るつもりでしたが、

12月は、朝もやねらいのカメラマンが朱雀に集まると聞きつけ、
急きょ、タクシーを飛ばしている途中で、Let's go 平城宮!!!

残念ながら乾燥が続いていたので朝もやはでてきませんでしたが、

気持ちよい朝焼けシーンを撮ることができましたー

これ、年賀状にいいかも、と一瞬思いましたが、滅びた都だし、、、、!

おいおい、年賀状を書かないでしょー♪ 

up!
b0093820_1285779.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-07 13:48 | 奈良
2008年 12月 06日

あをによし奈良フォト録~法隆寺 落ち葉のつぶやき ~

b0093820_2065838.jpg

聖徳太子、亡き後、長子の山背大兄王も皇位後続者の争いに巻き込まれ、

蘇我入鹿の一派に攻められた後、一族ともに自害、

聖徳太子の一族滅亡の流れを歴史本で読んだ記憶してますが、、、、


太子については、

日本の皇族ではなく渡来人であるとか、、、

病気で亡くなったのではなく、数多くの后の中のひとりと心中したことか、、、

一万円札の絵は、別人であるとかないとか、、、!


いろいろな説の書物がだされているのですが、

その謎めいている所も、この斑鳩に愛着を感じる訳なのかなああと、

ぽつり、感じた次第でごじゃりまする。。。♪


私にもわかりやすいように、NHKの大河ドラマで放送できるくらいの小説を、是非!!!

『厩戸プリンス』・・・・・タイトル没、、ですかっ。。!
b0093820_207560.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-06 21:01 | 奈良
2008年 12月 06日

あをによし奈良フォト録~法隆寺 空を見上げれば ~

b0093820_1635877.jpg

軒丸瓦、軒平瓦、鬼瓦と、空を見上げ、

ふと目にはいってくる瓦にも、普段とは見る目が変わってくるのは、奈良という土地のせいでしょうか。。

旅スタイルの撮影の場合、あれこれリサーチせずに、

その場の出会いでシャッターをきって第一印象を大切にしたいと思っているのですが、

事前に知らずして素通りしてしまったお寺や、建造物などを後から知った時には、

とてももったいないことをしたなあああ、っと、反省することしばし。。。。
b0093820_16343937.jpg


切妻屋根の角にのっているのは、獅子の形の留蓋といって、

瓦のつなぎめの上にのせて、雨漏りをふせぐ役割をしています。

法隆寺には、『兎』、『桃』、『獅子』などの形をした留蓋があることを、知り、

がっくーんー!!!

波乗りうさぎさん、いつか撮影させてくださいねっ♪♪♪
b0093820_1635266.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-06 19:45 | 奈良
2008年 12月 04日

あをによし奈良フォト録~法隆寺にゃんこtime ~

b0093820_22402589.jpg

紅葉の時期の京都奈良は、人がいっぱい!

っと、思いきや、法隆寺にいても喧騒を感じることもなく、

のんびりと、日向ぼっこをしているような気分にひたることができました。

京都もいいけど、奈良の空気感、好きだなあ。

ニャン♪

b0093820_22403431.jpg
b0093820_2240428.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-04 22:47 | 奈良
2008年 12月 03日

あをによし奈良フォト録~法隆寺廻廊まわり~

b0093820_2239730.jpg

法隆寺は、東に金堂・西に塔を配置、中央に空白スペースのある伽藍配置となっています。

西院伽藍を取り囲むように続いている廻廊まわりを、のんびりお散歩ー。

この場所、猫ちゃんたちの遊び場になっている様子。

ういー。猫ちゃん、抜け道知っておりやんす。

b0093820_22391686.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-03 22:52 | 奈良
2008年 12月 03日

あをによし奈良フォト録~法隆寺金剛力士像~

b0093820_0425548.jpg

法隆寺の金剛力士像。こちらもやはり日本最古の金剛力士像。

寺院を守るお役目があり、左右対になって配置、

この画像は、右側にある、口を開いた阿形像で、かなり怒り爆発してるるう。。。

一方、口を結んだ吽形像は、怒りをおさえて、黙って耐えるべし。。。。

一般的には、表門(南大門)におかれていることが多いのですが、

飛鳥時代のお寺では、中門に安置されるのが通例だったそうです。


迫力に吸い込まれて、お礼をして、カシャカシャ!

かなりアンダー気味に撮ってみたら、肉眼よりも、塑土の赤の色が濃くでてしまいました。。。

腹筋割れっぷりも、お見事♪♪♪
b0093820_043411.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-03 01:13 | 奈良
2008年 12月 01日

あをによし奈良フォト録~斑鳩古寺散策~

法隆寺五重塔<世界遺産第一号、日本最古の五重塔>
b0093820_22113671.jpg



法輪寺<昭和に復元された飛鳥様式の三重塔>
b0093820_22114494.jpg



法起寺<現存する日本最古の三重塔>
b0093820_22115274.jpg


初日から京都奈良経由法隆寺の駅に降り立ち、そぞろ歩きしながら、法隆寺に到着ー。

広いなああ。

夕焼けまでまだまだ時間があるから、たまには観光気分で!

と思っていたら、やっぱりカシャカシャはじめてしまいましたー!!!

法隆寺⇒法輪寺⇒法起寺*夕方のポイントチェック⇒お昼ご飯⇒法隆寺*お茶⇒法起寺

いづれも聖徳太子ゆかりのお寺で、飛鳥、天平の仏教美術の宝庫でもあります。

一番お気に入りの中宮寺の弥勒菩薩半跏思惟像に会いたかったなあああ。

あいかわらずのゆっくり観光なしの撮影旅行のはじまりでしたが、

のどかな斑鳩の土地を歩いているだけで、癒され気分満喫でした ♪♪♪
[PR]

# by mfukuzo | 2008-12-01 23:08 | 奈良
2008年 11月 30日

あをによし奈良フォト録~斑鳩夕景~

b0093820_9341163.jpg

聖徳太子ゆかりの地、ここ斑鳩。

世界遺産第一号で有名な法隆寺から田園風景を見ながら歩いて約15分。

この風景を知ったのは、かの入江泰吉氏の風景写真から。

のどかな田園風景にたたずんでいる飛鳥の三重塔は、
まるで古しへの風景をうつしているようでした。


ででっ、撮影ポイントは何処じゃああ、っと、あらかじめ検討をつけていた場所に到着。

すでに三脚をたてている先客がおひとり。

おお、ここじゃ、ここじゃと、お邪魔にならないように、位置をずらしておりましたが、
『その場所じゃないよー』っと、声をかけていただき、横に並ぶ位置で場所を確保。ほっ。

どうやらほぼ毎日、この夕景を撮りに日参されている超常連さん。

日が沈んだ後は、横一列10名程のカメラマンたちがカシャカシャ!!!

ここで、夕焼けのベストタイミングを教えていただいたところ、

◆◆◆日が沈んでから10分~15分してからのタイミングをねらえ!!◆◆◆

ええっー、私は今まで日が沈むと同時に、いち抜けたーっとばかりに、撤退していました。。。

『夕陽が空を焼く様子から、夕焼けというでしょう!』『夕焼け、小焼けの歌の意味を理解していないねええええええ』等々、

なんとも楽しい会話と撮影が堪能できました。



おまけに、帰り道は、駅まで車で送っていただき、ありがとうございましたっ!!!
上の写真が、日が沈んだところ、下が10分経過後。
確かに空が赤く焼けています。

初日から、大収穫!
b0093820_9341961.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-11-30 09:59 | 奈良
2008年 11月 30日

あをによし~奈良フォト録~

b0093820_9598.jpg

鹿男くんに会いに奈良にいってまいりましたっ

うるる、目が可愛いー♪

奈良公園には鹿男くんとお友達がいっぱい。

今回のモチーフは、
①斑鳩の田園から見える法起寺の夕景シルエット。
②大池から見える薬師寺の朝焼け、または、平城宮の朝焼け。
③朝もやの中の鹿男くん。

奈良は修学旅行の後、1回だけ行ったきりなので、わくわくしてまーす!
b0093820_95204.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-11-30 09:19 | 奈良
2008年 11月 16日

紅葉色あわせ -箱根美術館-

b0093820_3483575.jpg

普段は非公開になっている箱根美術館の観山亭への道をすすむと、
お山がみえてきました。カシャ!
赤、緑、黄色の重なりがきれいです。
b0093820_3485151.jpg

ついでに、好みの和柄風を、カシャ。
おぬし、好きだよね。。
b0093820_3484472.jpg

美術館なので、土器や埴輪など、展示されてるので、チラっと。いえ、きちんと。
今日は、混雑をさけて、カフェぬきで撤退ーッ。
[PR]

# by mfukuzo | 2008-11-16 04:03 | 湘南・鎌倉・神奈川
2008年 11月 16日

いつのまにやら、、紅葉 -箱根美術館-

b0093820_3264419.jpg

先月から更新ゼロのその訳は、、、、
撮影が飽きる訳はなく、体調ゼッ不調、、
という次第で、今日は連れあいは別の撮影会だったので、
ひとり、箱根美術館にいってまいりましたー
b0093820_3265231.jpg

登山鉄道は朝から超満員、、
車は渋滞するから、電車にしたけど、整列乗車っ、、、うくっ、、
b0093820_32726.jpg

今日は身軽に三脚なしにして、よかったー。
受付場所には、しっかり三脚お預かりコーナーがあるる、、
苔庭の石畳の小道に、癒されながら、カシャカシャ。
気合ゼロで、お気楽撮影させていただきました、、、
うん、こちらの紅葉は、箱根ピカ一、おすすめです。
b0093820_3285662.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-11-16 03:52 | 湘南・鎌倉・神奈川
2008年 10月 12日

秋桜の咲く頃 ~くりはま花の国~

b0093820_21591169.jpg

今日は久里浜花の国に、6分咲きの情報をチェックして、いってきましたー
密集度は今ひとつでしたが、咲きたてのコスモスが秋風にゆれてきれいでしたっ。
お昼にうおくに寿司と八海山をちょこっといただいたら、
疲れがどっーっと、でてきたので、草むらで空を仰ぎながら一眠り。。。。
今日は、ぐーすか君。。。
気合が入っていないので、画像も眠そう、ですね。。(反省)
b0093820_2158144.jpg


b0093820_21583079.jpg


b0093820_21583721.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-10-12 22:09 | 湘南・鎌倉・神奈川
2008年 09月 30日

足柄街道フォト日和 part5

b0093820_2121584.jpg

バス停近くにマス釣りができるきれいな川が流れていました。
ほとりには、彼岸花。
渓流の音を聞きながら、シャッター音。

やっぱり1/2秒の流れが好きだな。。。。
b0093820_21224100.jpg

[PR]

# by mfukuzo | 2008-09-30 02:20 | 湘南・鎌倉・神奈川